この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「女性からのサイン(IOI)が3つ確認出来たら、ホテル打診せよ」

と、PUA達は言う。

その具体的なサインと、切り返し方についてまとめてみた。

 

興味からの質問サイン

会話の流れからではない、突然思い出したように唐突な質問。「聞こうとして聞いてきた」と判断出来る質問。「もっと知りたい」という、興味が形になったサイン。

回答は、マジ回答と焦らし回答を使い分ける。3回中1回はちゃんと答え、その際は普段の自分を想像させるようなストーリーを語る。

 

<会話例>

「普段何してる人なの?」

⇨「(キーボードを叩くしぐさをしながら)ばっちばちする人」「エンター、ぽーんってする人。ばちばちばち、ぽーんって」 「ばちばちしてる人の横でエンター押す人」「ぽーんって。いいとこ取りする人」

 

「若い子とお茶してて奥さん(彼女さん)怒らないんですか?」

⇨「誰? 若い子って」

 

「どういうふうに女性をその気にさせてきたんですか?」

⇨「言っても俺、童貞だからね」「お願いしますって、やらせてくださいって」

 

「どんな女の人が好きなんですか?」

⇨ターゲットと正反対なキャラを答える。「バリバリ稼いでる人かな」

 

「いろんな⼈に声掛けてたんじゃないですか?」

⇨「何がですか?」「俺さ、都合の悪いこと聞かれると聞き返す癖がある。笑」「でもさ、こう歩いててね、おって思ったらさ、声掛けるべきだと俺は思う(サラリと言う)」

*下手につくろわないで何でも話せる関係作りを目指すが、「してるよー」みたいな回答だと、⼥をなめていることになる。女は「君だから声かけた」と言われたい。「否定はしないがユーモアでとぼける」感じで対応する。

 

「浮気とかするの?」

⇨「どこまでが浮気なんですかね。浮気の条件は? 」「俺は浮気だと思わない」「気はいかない」「浮ついてないから」「すてきな人が多過ぎるんだと思うね、世の中」「でもさ、うそつくタイプの人は一番駄目だと思う。 」 

*自分を良く見せようとしない。めったにいないキャラクターになる。

 

「今、どこに住んでるんです? 」

⇨「この辺、この辺。この辺でだいたいうろうろしてる」「まあね。この辺の公園に住んでるよ。元気よく」

 

「何歳ですか?」

①え、全然見えない! ⇨「笑、いまよかった、おまえリアクション大魔王」または「(ドヤ顔をで)まあな」

②若いですね、なんか見た目よりも⇨ 「なんで急に上からになったの」

 

「彼女、かわいい?」

⇨「いや、どうなんですかね。分かんない」 「俺、B専だからね。」「(相手を指しながらわざとらしく)すごいかわいいよね笑」

 

願望サイン

「ダメな女とは思われたくない」「こういう女だと、思ってほしい」といった自己弁護に近い、願望が形になっ たサイン。

 

<会話例>

「私、普段こんなんじゃないから(ナンパについていかない、の意味)」

⇨「あ、本当。俺、話半分しか信じてないよ」または「(別の意味で解釈して)蝶ネクタイとかしてんの?」

 

「声かけてくれたときに、どう思ったんですか?」

⇨「まずい人に声かけたな、と思った」

 

欲求サイン

「こう思わせたい」「振り向かせたい」という欲求から生まれる。モテ自慢、仕事自慢、など、自己アピール系。

焦らし回答することで、女性の感情は熱くなる。

 

<会話例>

「私よく上司にモテるんだ」

⇨「おぉ、自分で言っちゃう笑」「そかそか、やるじゃん!にしても、上司勇気あるね」

 

「なんで聞かないの? 何のバイトって」

⇨「たぶんどうせキックボクシング系でしょ?」

 

「彼氏と破局は近いかもしれないですね」

⇨「近いのかよ。うそ、一番楽しいでしょ、今」 

*真に受けて「そうなの?」と返すと、相手は一気にトーンダウンするので注意。

 

 

模倣サイン

冗談交じりに弄ってくるなど、こちらのマネをしだすこと。「羨望」がカタチになったサイン。

小馬鹿にされたからと言って、真に受けると一気にステータスが下がるから注意。逆に、自虐ユニークを持って、余裕を持った切り返し(=受身をとる)を心がける。 会話遊びを楽しむことを忘れずに。

 

<会話例>

「明日も、別の人に声掛けるんですか?笑」

⇨「そうなんですよ」 「病んでる人多いすからね、今」「笑、馬鹿にしてるでしょ」

 

「うそだ!」

⇨「いや、本当。うそだって、なんだよ、おまえ。全部否定。笑。」「俺人生で一番否定されてるから、今日」

 

トイレサイン

化粧ポーチを持った状態での、比較的長め(5分前後)のトイレ離席のこと。

①荷物を持って行ったか

②時間はどうか

③化粧直してきたか

④テーブルまで戻ってくるの間、アイコンタクトがあるか

をチェック。

 

ボディタッチ

体を近づけてくる、体を触れてくる。

こちらはがっついてはいけない。腰に抱きしめたりすると、女はヤリモクだと思い急に冷める。一歩引いて、追わせることが大事。

 

アイコンタクト

じっと視線を合わせてくる。

テストすることもできる。わざと間を取って沈黙を作り(視線も外す、どう対応してくるかを図る。「いけるかもしれない」 と感じてきたときに、確認として取り入れるべきテクニック。

OK=興味からの質問をしてくる、または「(不安そうに)大丈夫ですか?」

NG=沈黙が続く

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m