この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

以前に新宿徒歩圏内に住んでいたこともあって、新宿はくりぼうずのホームグラウンドだった。約4年間にわたり、トータル約200日に及びナンパ活動をしていた地である。

せっかくなので自分の持てる知識を余すことなく、オススメのナンパスポットについて紹介する。

 

新宿ナンパの特徴

・活動範囲が広い

乗降客数が世界最大の駅で、活動範囲が広いのが特長。

・女性の属性も様々

ターゲット女性は豊富で、場所によって女性の属性(OL、学生、お水など)が異なる傾向がある。

・ライバル男性も多い

キャッチ・スカウトも含め、ライバルも多い。新宿を歩けば分かるが、基本的にライバルのレベルが高く、自分のスペックが低いと苦戦しがち。

・雨の日でも問題なし

JR西口改札から新宿3丁目につながる長い地下街で、声かけ可能。(サブナードという地下街もあるが、立ち並ぶショップ店員の目があるので、長時間は難しい。)

・連れ出し先が豊富

飲食店はもちろん、大規模なラブホテル街もあって、この街で声掛け〜セクロスまで全て完結させることができる。

 

地図

ナンパするとき、定点で立ち止まって声掛けしてもよいが、一人だとつい周囲の目が気になってしまうと思う。そこで、グルグルっと回りながら声掛けすると、気分転換になって地蔵になるのを防げる。また、キャッチやスカウトに目を付けられることもないので、リスクを抑えることができる。

以下地図で示した青線は、周回ルートの一例です。

以下3つのエリアに分けて解説する。

 

①東南口付近(中央東口繁華街)のおすすめスポット

メリット:買い物でブラブラしている真面目系ターゲットが多い。道幅も広く、声掛けしやすい。居酒屋、バー、カフェ等、連れ出し先が多いという特長もある。

デメリット;特になし。(→初心者向け)

・東南口広場

・ビックロ前(ZARA前)

・あおぞら銀行前(ルミネエスト入口前)

・新宿三丁目駅周辺

なお、末廣亭エリアは、飲み屋が多いが人の往来が少ない。

・南口改札前

なお、甲州街道沿いは、バスタに近いため、ウブな旅行者をひっかけることが多く、連れ出しても時間潰しに付き合うことも多いことに注意。

②西口(JR線路より西側)のおすすめスポット

メリット:ナンパ師やキャッチなどが少なく、女性の反応は良い。平日夜は暇したOL多し。

デメリット:人は少なめ。連れ出し先がすぐ近くにない。

・改札前

・西口繁華街(ヨドバシカメラ本店周辺)

・地下街

・大ガード下

・小滝橋通り

 

③東口(新宿通より北側)のおすすめスポット

メリット:若い女性が多い。最終目的地(ホテル街)である歌舞伎町に近い。

デメリット:地下改札・地上出口なども含め、キャッチ・スカウト等の業者多め。特に、声掛け禁止エリアは後述。女性の反応も悪い。

・みずほ銀行前交差点

・西武新宿駅ペペ前広場

 

声掛け禁止エリア

・スカウト通り

アルタの横にある、果物屋さん(百果園)がある通り。正式には、モア2番街と言うらしい。

歌舞伎町につながる大動脈であるためターゲットが豊富であるが、キャッチの縄張りとなっているため、声掛け禁止。

 

・歌舞伎町の大部分

即系は多い。怖いスカウトやキャッチがおり、特に風俗街や風俗案内所の前は全面厳禁。但し、個室スポットなど連れ出し先は豊富にある。

<例外>

ドンキ前(=ナンパ師の聖地)

TOHOシネマズ前

シネシティ広場前

においては、ナンパ活動OK。

 

関連記事

新宿の激安ラブホ(代わり)

東京ナンパスポット

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m