この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

恋愛にはリスクがつきものだ。

時に、破廉恥ネタで、知事や議員や官僚が失脚し、人生を棒に振る原因にもなる。

今回はナンパ師が遭遇する各種リスクについて述べていきたい。

(なお、本記事は私が調査してまとめたものです。法律の専門家ではありませんので、情報に誤りがある場合はご容赦下さい。)

 

相手が未成年(18歳未満)

青少年健全育成条例違反(淫行)に当たる。女性本人が背伸びして18歳以上だと嘘をつくことがあるので、要注意。

途中で気づいた場合は、すぐに安全な場所に放流してあげる。↓

未成年連れ出しのリスク

あってはならぬことであるが、万一事後に判明した場合は、連絡先交換をしてはいけない。美人風俗嬢がそのことを教えてくれた。↓

美人風俗嬢とイチャイチャ

 

女よりも男の方が人数が多い

男2人以上の場合は、女性からの訴えにより集団強姦になる可能性がある。客観的にそういう認識であったと認められるラブホテルであればまだしも、自宅やカラオケ店などで3Pしては絶対にいけない。

ナンパの場合、1対1であれば、ただの色恋トラブルとして処理されることも多いが、3Pの場合は、「同意があった」という言い訳は一切通じず、一発アウトだ。

逮捕された後は、示談(民事解決)を目指すことになる。示談が成立せずに起訴されれば「強制性交罪」が適用され、最低5年以上という重い懲役刑が確定する(執行猶予無し)からだ。だから、男性側はお金をいくら積んでも示談をしなければいけない。最低でも数百万円、男がお金持ちで足元を見られた場合は、数千万円要求されることもある。

(参考)逮捕された人による手記

僕は逮捕された(有料Note)

お酒を無理やり飲ませて泥酔させた場合

準強制性交罪となる。「準」とつくが、「準」がつかない場合と、罪の重さは変わらない。

酔った勢いで行為に及んだ場合、女性は後悔しやすい。女性の性格によっては、後悔の感情が怒りの感情に変化することもある。少しでもそれを防ぐためには、当たり前のことだが、事後にさっさと別れるのではなく、しっかりケアしてあげること。

以前に、某塾の塾長と生徒達が一斉逮捕されている。塾で借りているアパートに女性を連れ込み、泥酔させて3Pしたという事件だ。3P(前出)×泥酔のコンビネーションなので、特に罪は重いだ。余談であるが、罰ゲームと称してカクテルを何杯を飲ませる手口が常套手段だったそうだ。(ゲームにすれば、断りにくいという心情が働くもの。)

(参考記事)フライデー

 

人妻

人妻と不倫をしていてバレた時は、3つのリスクがある。

①女は「無理やりレイプされた!」と手のひらを返すことが少なくない。女性側にとっては火遊び程度であって、せっかく築き上げた家庭を壊したくないからだ。

②夫から慰謝料請求される場合もある。そうなると、数百万円支払わなければいけない。最悪のケースは、夫から恨みを買って危害を加えられることだろう。自尊心を傷つけられた男は何をするか分からない。

③周囲から完全に信用を失う。妻(既婚者の場合)にバレて離婚することもあるし、会社にも知れ渡って左遷されることもある。

仮に人妻と遊ぶ際は、一度きりの火遊び(ワンナイト)として、番号交換はしないに限る。余談ながら、人妻を落とすときは、「女馴れしてる」「依存しなそう」「浮気がバレるようなヘマしなさそう」と、火遊びに適した印象を与えて安心させることがポイント。むしろ、こちらが逆に、「こいつは大丈夫か?」と遊びの対象として審査している、と思わせる位が良い。

 

美人局

めったに遭遇することは無いが、示談金狙いの美人局(つつもたせ)。

実際に被害にあった人も何人かいる。女とホテルに入った後に、男が勝手に部屋に入ってくるらしい。相手が未成年でないなら何もやましいことはないので、金銭を要求されたら、すぐに警察に連絡しよう。

(参考)ナンパ師が美人局にあった話

完全に予防するのは難しそうだが、本能的に胡散臭さを感じたら、引くことくらいか。特に、ホテルの部屋に入ってすぐ、女がスマホをいじりだしたら要注意だ。

歌舞伎町での恐怖体験

 

妊娠させた

個人的には、ゴムつけろや、と思う。下すことになった場合は中絶費用で済むが、産むことになったら養育費をずっと払い続けなければいけない。お金の問題だけではなく、妊娠して中絶することになったら、みんな悲しむことになる。

万一妊娠した時には結婚する、という意思が無いなら、絶対ゴムをつけるべき。

あと、性病も怖い。エイズは早めに対処すれば、薬を飲み続ければ寿命を全うできるが、もちろんかかりたくないだろう。

性病について 〜HIV検査に行った話/カンジダに罹った話〜

 

第三者とのトラブル

スカウトやキャッチが自分の縄張りを守ろうと、喧嘩を吹っかけてくることがある。

待ち合わせ中のターゲットと会話中に、彼氏が到着して怒られることもある。

第三者である通行人が正義感を振りかざして絡んでくることもある。

いずれの場合も、とにかく謝って逃げるに限る。大した問題じゃない。

逃げるが勝ち。金持ち争わず。

 

あとがき

以上、つらつらビビらせるようなことを書いた。

録音しておくと、何かあった時に証拠として使えるかもしれない。また、最近は繁華街では隈なく防犯カメラが設置されており、それが無罪の証拠になる場合も多い。

だが、ナンパはノーリスクでは無い。何かを得るためにはリスクは背負わねばならない。実際に、ナンパで救われた非モテがこの世にどれほどいるだろう。十分に注意して、良心に反するような悪事をしなければ、きっと大丈夫だ。

なお、以下の本に、このあたりの知識が書かれている。ナンパンマンさんがどこかでおすすめされていたので買って読んだのだが、分かりやすく解説されていて面白かった。(但し、少し情報が古い。)


なぜ酔った女性を口説くのは「非常に危険」なのか?

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m