この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

声かける女性の属性は様々であるが、属性に応じた声掛けをするのが一番反応を取りやすい。

例えば、

・就活生⇒「就活?」「お疲れさまです」「今日はどうでしたか?面接官たちの態度は?」「働いてやってもいいかな、って思えた?」

・キャバ嬢⇒「ちょっと相談があるんだけど」「俺もキャバクラで働いてみたいんだけど、どうすればいいの?」

なんて感じにだ。しかし、ストリートで最も出会う可能性が高いのは、やはりOLと大学生だろう。ここでは、仕事帰りのOL向けの鉄板声掛けフローについて説明する。

 

第一声は「お疲れ様です」

「お疲れさまです」

*ちゃらくならないようにトーンを強めに、落ち着いて&ハッキリと与えていく。「あれ?仕事関係の人かな?」と思わせることもポイント。頷きや手で制すなどの軽い反応は取りやすい。

 

予想に反する質問からスタート

「ものすごい疲れちゃったんですけど、どうすればいいですか?」

「すごく詳しそうじゃないですか、疲れの取り方」

「疲れの取り方に関しては、右に出るものはいないってオーラがすごい」

 

話題を相手中心に変える

「どうですか、今日の疲れ具合は?」

(⇒疲れました)

「うそ。全然見えないすよ。疲れるまで働こうよ」*「相手の発言の逆を言う」 ユーモア 

「本当に働きました?」

「こんな暑いのに、元気ぴんぴんな感じですよ」

「これから5連休みたいな顔してますよ」

「元気の秘訣を教えてください」

*仕事帰りの社会人、特に年齢高めの女性に「疲れて見える」系のワードは厳禁。逆に、「元気ルンルンで、調子乗ってるんじゃねえよ」のイメージで弄っていく。

 

勝負会話で盛り上げる

「俺の方が疲れましたよ」

「どれぐらい疲れました?俺いま、スライムも倒せないぐらい弱ってる」

(⇒私の方が疲れてる)

「じゃあ、俺が先制攻撃したら勝てる?」 

(⇒じゃあ、あなたの勝ちでいい)

「いえいえ、俺のほうが譲ります。」

*勝った&負けたのトークに運ぶと、会話は盛り上がりやすい。

突っ込ませる

「何が⼀番疲れた?この1週間」

「今、じゃないよね?」(⇒今です、とあえて突っ込ませる)

「うるせえわ笑」「でも、ちょっとうれしいわ」

 

(おまけ)連れ出し後のOL向け会話ネタ

 

・人間関係

上司やお局の愚痴 (ムカつく、怖い、派閥、セクハラなど)

新人や後輩社員への嫉妬 → 恋愛会話へ

後輩指導(後輩にはどう思われているか?)

 

・キャリア関係

仕事は楽しいか(就職前のイメージとのギャップはあるか)

出世欲はあるか

転職や退職の意思(仕事への飽きや空虚感はあるか)

残業の愚痴(プライベート充実への焦り)

どんな企業か(会社への不安や不信感はあるか)

 

・その他

社内恋愛系(カッコイイ先輩はいるか、社内結婚はあるか)

飲み会、合コン

新人研修

 

以上

アプローチ部分について詳しく知りたい人は、TAV Libraryの以下の音声教材で学ぶと良い。

「2015年7月 成績優秀な美人営業マンYuna(24)」

TAV-Library

 

(参考)TAV Libraryのまとめ記事↓

岡田尚也のTAV&TAV Library【おすすめ教材】

 

 

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m