この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ナンパで声掛けて相手から好反応がある等、ルックス食いつきがある場合は、ホテル直行(=直ホテル)を狙ってみよう。ナンパ業界では、「弾丸即」と言ったりする。

 

ホテル直行の3つの前提条件

●立地

ホテル街が近く、歩いてすぐ行けるエリア。一気に仕上げた雰囲気は、冷めやすいので注意。

●時間帯

大都市であれば、深夜~朝方。(地方都市であれば、飲み屋が終わる時間帯)

●Sな雰囲気

そうなることを予感させる雰囲気を出す。キャラクターに合っていないと、無理をしている感が出る。ファッションで男らしい強そうな雰囲気を作り、猫背にならず堂々とした印象を与える。また、弱々しく打診すると失敗するので、相手の目を見て「押し強く」言う。

 

打診の一例

①どちらにでも転がせる、匂わせ会話からスタートする。

「ていうか、すっ飛ばします?」

「ちょっとあっち側(ホテル街を指して)へショートカットしません?」

「面倒くさくないですか?」

「まどろっこしいの嫌いな顔してるじゃないですか」(相手を下げる)

「面倒くさいこと言っちゃったでしょ、おれ」(自分を下げてフォロー)

「軽く行きません?あっち側」

 

②ターゲットが理解出来ているか怪しい場合、ジャブを打つ。

「言ってる意味、分かります?」

「鈍感って言われます?もしかして」(相手を下げる)

「うそですよ笑」(フォロー)

 

③女のまんざらでもない反応を示した場合、アダルト会話を入れる。

「オレね、スーパー早いよ。多分ね、お茶より早い。笑」

 

④手繋ぎテスト(=ハンドテスト)も入れる。

一気に段階があがると、女が驚いて思わず断ってしまいがち。

 

注意点

女性が真顔で拒否したり引き気味になっているなど、 雲行きが怪しい時は、カフェ打診に切り替える。逃すと勿体無いので、攻めずに一旦引くことが重要。

 

<具体例>

「てか、エロいこと考えてるでしょ?何考えてるんですか。そういう意味じゃないから笑」

「ホテル街と思ったでしょ?コンビニのことですよ。」

「唐突すぎました?怒ってます?軽くお茶の方がいいですよね?」

 

実録音声で学べる

「出会ってすぐにホテル?そんな馬鹿な。。」と思う人もいるかもしれないが、現実としてありうる。女から出されるいくつかのテストに合格すれば、ホテルへゴールインだ。トライする価値はある。

ざっと要点を説明した。もちろん、会話の流れや相手の反応に応じて使わないと成功しない。詳細については、岡田尚也氏のTAV Libraryの実録音声教材(解説付き)が分かりやすいので、参考にするとよい。

出会ってものの10分でホテルに連れ出した実録音声

 

TAV Libraryのまとめ記事↓

TAV Library(特別TAV)のおすすめ教材

 

 

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m