この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

以前に海外風俗の魅力について書いた。大反響があったので(←うそw)、詳しい記事を書くことにした。

 

バンコクの夜遊び

今回は、世界で人気ナンバーワンの風俗スポット、バンコクについて解説する。なお、タイは、性について奔放な国で、レディボーイ(=おかまちゃん)も普通にツアーガイドさんをしていたりする。そんな国だから、バンコク以外の各リゾート地にも女遊びスポットが用意されており、西洋人やアジア人で賑わっている。好きな人は毎年バンコクに旅行している。

他の国と違って極めて安全なので、ぜひ出張や旅行でバンコクに行くことがあれば、風俗も体験してみてほしい。

バンコクの夜遊びスポットは、多種多様であるが、主に次の3つがある。タイは、基本的にロング(一晩中)というよりも、ショート(1~2時間)の遊び方となる。

 

第1位:ゴーゴーバー

タイ特有の風俗である(他にはフィリピンにしかない)。ステージの上でお姉さん達が水着で踊っている。なかには、上半身スッポンポンで踊っている子もいる。(冷房で寒くないのだろうか。。。)

客は彼女たちを鑑賞しながら、お酒を飲むというスタイル。飲むだけなら、一杯数百円程度で、1時間くらいは粘って滞在することができる。

連れ出して本番まですると、総額で約1万円程度。Hするだけなら、後程述べるマッサージパーラーの方が経済的。観光がてら友人とお酒を飲みに行くのが正解かと。

場所は、バンコク中心地にある。以下の3か所存在する。

・ソイカウボーイ:1本の通りの両側にぎっしりと店が並んでいる。

・ナナプラザ:プラザという名前の通り、3階建てのショッピングモールみたいな建物にお店が詰まっている。

・パッポン:上記2箇所と少し離れた場所にある。

ソイカとナナプラザは、スクンビット通りという大通り沿いにある。徒歩で行ける距離にあるので、どちらかに行って好みの女性が見当たらなければ、もう一カ所行けばいい。連れ出すことを考慮すると、このあたりのホテルに泊まると良い。

 

第2位:マッサージパーラー(MP)

いわゆるソープだ。各個室に浴槽があり、丁寧に洗ってもらった後で、××をする。

市街地から少し離れた場所に点在しているが、MTRホイクワン駅近くに数店舗固まってある。

駐在している友人に連れて行ってもらったのは、ナタリーというお店。昼3時くらいに行くと、ずらーと総勢50人くらいの美女が並んでいたのは壮観だった。それだけいれば、どストライクの女性がいる。選んだ女性は、性格も穏やかな優しい感じの子で、今でもあの時の経験はよく覚えている。

もう一つ、一人で行ったのは、バンコクコージーというお店。こちらも、駅(ロンタン駅)から歩いて行ける。料金が安いのが特徴だが、クオリティは十分だった。

 

第3位:日本人クラブ

タニヤという、いわゆる日本人向けのキャバクラ街がある。シーロム通りにあり、ゴーゴーバーのあるパッポンのすぐ隣にある。

日本語が通じて安全なので、お酒を飲む人は楽しめるはず。俺は酒が好きではないので行ったことがなく、詳細不明。

 

番外編:テーメーカフェ

有名な援助交際カフェ。店内にいる女性は全員、売春婦。結構な年配の方もいる。金額交渉して連れ出しする。本記事では、ゴーゴーバーとMPを推しているが、ソイカウボーイとナナプラザの中間に位置しているので、一応見学だけしてみると良いと思う。

 

以上

(昔の知識によるもので、状況が変わっている可能性はあるので、「地球の遊び方」などでご確認いただきたい。)

タイランド夜遊びMAX 2015-2016 (OAK MOOK)

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m