この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

準準準即?で、キープすることになった子。

 

これまでの流れ

ツイッターメモより

●1回目アポ
24歳大学院生とアポ。居酒屋で1時間半ほど和む。久しぶりに悩み無い健全な子。その後、手繋ぎながらネカフェへ。よく笑うし、食いつきがある感じ(ひょっとしてまさかのルックス食いつき?)。キスはできるが、なかなかそれ以上が堅くて、終電前に解散。明るくて可愛い子だから、また会いたいなー。

●2回目アポ
再アポ負け。居酒屋でトークいまいちだが、元々食いつきあるのか、よく笑ってくれる。その後、自宅へ。キスやパイ舐めや手万もできるが、挿入だけは何度やってもダメ。マッサージやフェラしてくれて献身的な子。次回アポも決定したが、どうなることやらー。処女だった元カノの時と展開が似てきている。

 

3回目のアポでようやくゲット

ランチアポ設定。ご飯食べてから自宅へ。

最初少しグダるが、今回はなんとかゲット。

前回出来なかったのは、単にヤリ捨てを恐れていた模様。トークが楽しかったから何度も会ってくれたらしい。

キープできそう。でも、インプットやストする時間が確保できないのは困るなー。

 

考察

最初から食いつきがあったような気がする。

ポイントとしては、初回アポの時ネカフェでグダられた際に、「そんなに嫌なら今日は諦める。けど、オレはまた〇〇ちゃんに会いたいと思っているから、近いうちにまた会うって約束だけはしてくれ。」って真剣に伝えたことか。

 

後日談

結局、半年以上、関係を続けることになりました。

別れについては、以下の記事をご覧ください。

準彼女(キープ)との悲しい別れ

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m