居酒屋連れ出し

相方と、21時頃からスト開始。

初めてカラコンしてみた。ナンパ師らしくなってきたなあと実感w
12月29日ということあり、忘年会帰りの賑やかなグループが多い。
一人の子がいても、みんな一様に、足早に過ぎていき、全く立ち止めできない。
忙しいのか、寒いからなのか分からないが、師走とはよく言ったものだ。
いずれにしてもナンパには適していない1日である。(悔)
諦めかけた24時過ぎ、ようやく居酒屋連れ出し。
下ネタ全然OKな子で、「固くて太くて長いおち●ち●が好き」「経験人数は、50~100」というプットでるw
相手からスキンシップ出るし、目線ビームも感じる。
「そのセクハラ上司が口説く時、こんな感じのボディタッチだった?」と、こちらからスキンシップしても嫌がる素振り無し。
これは即系イージーゲームだと思い、股間をモッコリさせたw
終電逃し作戦成功して、自宅へ搬送。

 

自宅での攻防戦

今回は初めて、キャンドルとアロマを用意して、雰囲気作りしてみたw
相方⇒オレ⇒女、の順にシャワー。お互いがシャワーに入っている間に、それぞれギラつくがダメ。
おとなしく寝る流れになる。

オレはウィッグつけてるし、オナ禁1週間でムラムラするし、到底眠れない。
女を起こして2人で話す流れに。相方は全くやる気なく、寝てるww

10分話す⇒ギラつく、の波状攻撃を繰りかえす。

風俗経験や過去のH経験など、話はボンボン引き出せる。

しかし、ギラつきは、何度やってもキスもパイもみもできないし、ハグすら拒否されるレベル。
終盤、ルックス点数付けルーティーンをしてみると、

元カレ80点、現在のお気に入り男(セフレ?)98点、相方45点、オレ23点。。。。泣
これはいわゆる「生理的無理グダ」だなと悟り、ついに諦めた。
(オレの自己評価と一致した!という変な納得感が得られたのは良かったがw)

そうして、2時間に及ぶ攻防の末、女は始発で帰って行った。

 

考察

寝ているふりしていたw相方からのフィードバッグも含めて、反省点を考察したい。

今回は即系と思われたが、実際は異なっていた。
実際、経験人数を正直に伝えること自体、「よく見られたい」という意識が少ないので
我々に対する食いつきがあまり無かったと言える。
また、こちらからの質問に一方的に答えるだけで、

向こうから質問をあまり返してこなかったことからも、それは言える。
オレの長時間粘った執念は評価できるが、会話展開にはやや問題点が見られた。
特に、いま気に入っている人を深堀りしたのは、不味かった。(ネガティブな感情を引き起こす為)
「好き」ということを言わせてしまうと、一貫性の法則で、覆せなくなるからだ。
もしも、そういうプットが出てきたら、触れずにスルーするか、
その男の欠点を暗示的に指摘するとか、しなければならなかった。

例えば、
「ホスト辞めたっていうけど、実は今も続けているんじゃない?」
「手を出してこないのは、お金巻き上げる目的だからかもよw。オレの友達なんて、全財産巻き上げられて、結局風俗で働きながら今も貢いでいるし。」

などなど。

どういう会話をするのがいいのかをよく考えて話す、という課題が見つかった1日だった。

もう一つの反省点としては、シャワールーティーンは、オレが先にシャワーインすれば上手くいったかも。
即れる可能性の高い方が先にギラつくべきだった。

結果論ではあるが。

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m