某凄腕Rと合流。
夕食しながら、定例打ち合わせ会を実施。
食いつき有ってタクシー連れ出ししても、自宅インできなかった先日の事例について相談。
R先生から無料講習をしていただいたw(以下回答)

 

R先生による講習

なぜ断られたか?それは怖いから。女の立場だと怖いに決まっている。
だから、ひたすら打診を続けたり、嫌がる理由を聞いたりするのではなく、
女が考えているであろうことをあえて口に出して言うと、安心感が生まれていく。
例えば「いきなり知らない男と二人きりで個室は怖いよね。物騒な事件もあるし、他の男が潜んでいるかもしれないし。
でも、場所知られているんだし、無理やり変なことをして、逮捕されるようなリスクは取らないよ。」等
また、グダられたら一旦代替案に切り替える。居酒屋であれば、混んでいるとか、休業している等の
理由を作って、「仕方ないから自宅で飲もうか」という形を一旦取るべし。
そもそも、和みゼロで個室に入るのは、ほとんどの女は警戒するはずなので、
数十分でも、カフェやバーや公園で、自己開示も含めた会話をして安心させるべき。

 

スト

その後スト開始。
これまでオレに対する女たちの反応(=完全無視、罵声w)を十分に知っているRは、
ウィッグ装備したオレの声かけに対する女の好反応(=オープン、笑顔)を見て、
その変化にひたすら驚いていた。
だが、なかなか連れ出せない。R先生から以下指摘有り。
「やはり打診がクドくなってしまっている。「いいじゃん、いいじゃん」系で、無駄に立て続け打診をしている。
断られる毎に、女の食いつきが段々下がっていき、最終的に逃げられるという、典型パターンになっている。
断られたら一旦、普通の会話を流すべき。そして、再打診の口実となるフックを探っていく。
例えば、「飲み会だから無理⇒どんな人達なの?⇒・・・⇒あまり行きたくない⇒だったらオレと遊んだ方がよくね?」

 

連れ出し

ようやく立ち止まっている子を連れ出し。地方在住。
(ちなみに、最近立ち止まっている女の子の連れ出し率が高いと感じる。
「待合せだろうか?」とか考えずに、積極的に声をかけるべきターゲットと思う。)
R先生に任せて、最終的にコンビニでお酒買って、公園で和み会話。
二人ともよくしゃべるので、オレはちょいちょい合いの手を入れるだけw
さすがR先生、抵抗なく、恋愛遍歴やHネタも引き出し。
「寒いし、お腹すいたから、ちょっと焼き鳥食べに行こうよ」と言い、
当然満席で入れないことを知りつつ、あえて焼き鳥屋へ向かう。(⇒これが冒頭の講習で言っていたことか!)
そして、
「クリさんの家近いから、そこで飲みますか。でも、部屋汚くないですか?笑」
「部屋は普通だけど、狭すぎて3人も入れない。六畳一間だから無理でしょ笑」
「大丈夫でしょ。あと、オレは途中で帰るけど、この子は泊めてあげて下さいよ。でも変なことしたらダメですよ笑」
で、タクシー搬送。
女の子の警戒心を緩和する為、「あまり乗り気じゃないけど、仕方なく。。。」感を出した絶妙な六本木劇場であった。

 

自宅で粘り即

自宅では、H系の話を継続。R先生の「セックスはコミュニケーション」という名言が飛び出て、オレと女は爆笑。
そして、オレを褒めたりしてお膳立てをした後、「オレお腹すいたからコンビニで飯買ってくるわ」ルーティーンで、
R先生いきなり離脱w

二人きりになった後、徐々にギラツキ。
キス・パイ舐めはノーグダ。チャラい雰囲気にしているので、女も覚悟しているのか、大きな拒否反応は無い。
しかし。。。
「申し訳ないけど、生理本番だから、Hは絶対にしないから。」グダが出る。「絶対」という言葉が引っかかった。
グダ崩し「タオル2枚敷きルーティーン」をしても、「生理でやったことない。そもそも不衛生だし、臭いも嫌だから、絶対にしない。」
会話していっても、「今好きな人(セフレ)に対して、罪悪感有り」グダも追加w
これは無理かも。半ば諦めた。
「こんなことなら、出ていけって感じ?でも、手を出さないって言ったじゃん」と聞かれたが、「言ったのはオレじゃないよ笑」と返した。
今から追い出せないし、ここまで頑張ってくれたR先生にも悪いし、少しおしゃべりしてから寝るか」と思い、長い時間話す。
本音で会話し、Hしてないのに、もはやピロートーク状態ww
そして。。。
「いいなと思ったから、勇気を出して声をかけた。そして、ここまでついてきてくれた。
話も合うし、このまま何もなく寝るなんて辛すぎる。きっとオレ一晩中、眠れないよ、、、超かわいそうじゃん笑」と、
好意もそれとなく伝えつつ(短絡的に「好き」とか言われると女は冷める)、襲ってみると、、、、
なんと抵抗が無くなった!
そして無事ゲット。

「絶対にしない」というフレーズが何度も有り無理だと思ったが、巻き返せたのは驚いた。
やはり言葉ではなく態度を見なければ。女の無意識での最終確認テストだった可能性もある。
あと、和みがいかに大事かとあらためて感じた。(=単純な打診の繰り返しはダメ)
結局のところ、「魅力を感じさせることができれば、グダは吹き飛ばせる!」ということか。

ともあれ、体調悪いのに、無私の精神でアシストしてくれたR先生に感謝!
頭が上がらない。真にモテる男の余裕を感じた日であった。

 

後日電話フィードバック会議でのR先生談話

①クリスマスイブの前日(イブイブ)というイベントを利用した、出会いの特別性を演出。
②「彼氏いない女の子だったら、友達以上彼氏未満の男一人や二人は普通にいるよね。」と大衆心理を利用して、セフレ関係の男がいるというプットを出させた(秘密の共有)。<ポイント>
③一人暮らしであることを聞き出した。実家暮らしと違い、制約がないので、今日は帰らない選択させることが可能。

(考察)先にピロートークをしたことにより、「既にHした2人」のような錯覚を起こさせることができたのではないか?実際、路上でも「彼氏ごっこルーティーン」等のロールプレイングは大変有効。例えば、「始めて会った気がしないね。俺たち付き合っていたっけ?笑」⇒「じゃあ、〇時(待合せ予定時刻)までオレの彼女なー笑」⇒手をつなぐ。

このように体系化して考えて、実践で使いこなせるなんて凄すぎると思った。IQ高すぎだろw
オレのブログを読む暇があったら、Rのブログを読んだ方が何倍も役に立つw

<以下例>

「昔、結構遊んでいたでしょ?笑」
「まぁ、人並みくらいに。笑」
「え、 朝起きたら裸の黒人が寝ていたとか?冒険しすぎでしょ。笑」
「いやいやいや。笑。そんな経験無い。」
「起きたら知らない黒人がグッドモーニングとかトラウマレベル。笑」
「トラウマレベルだね。笑」
「じゃあ隣で寝ていたのは普通の日本人か。それはクラブとか?」
「その時は、クラブだったかな。」
ワンナイトや深めの恋愛歴を聞く時はユーモアを一旦挟んでいる。
そこから、ワンナイト前提で会話を進めて相手からのプットを引き出す。

引用:R氏のブログ

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m