登山

R氏と男2人で、高尾山ナンパデートへ笑
下山途中でセパして駅前のラブホインだ、ひとけの無い山奥に連れ込んで青姦だ、
とか事前にLINEで盛り上がっていたが、結局ほとんど声かけずw
歩き地蔵トークに熱中してしまった。てか、ターゲット少ねえww
もしナンパやるなら、駅前で待ち伏せ戦法の一択だな。
ところで、この高尾山は、新宿から1時間ちょっとでアクセスできるし、ケーブルカーで登れるし、下山後は銭湯もあるし、ラブホもあるし、デートにはオススメ!

さて、下山後は、銭湯に入って、サウナ⇔水風呂の往復を3セットやって、疲れを癒した。

 

Ami氏と合流

その後、R氏に便乗して、凄腕Amiさんとの合流に参加。
ツイート内容が半端ない人で、聡明さが際立っている。しかも若くて、少女漫画に出てきそうなイケメン。
トークもルックスもマインドも最高レベルで、ただただ圧倒される。こんな人がナンパしたらあかんて。。。笑
「女に対してイラつくことは無い。自分の立場が常に上だという意識を持っていれば、怒りの感情は出ない。」
「女との会話中に無言になるのは問題外。本当に興味を持っていればあり得ない。」
という発言が印象的だった。オレ猛省w
それに関連して、R氏からも「小さな子供からディスられて怒ることはないのと同じ原理」「女との会話中で出ていた印象的なフック話題は、会話中に何度も繰り返して使うべき」という、Amiさんも唸らせる素晴らしい意見も出た。(⇒その後の連れ出し中に、意識して聞いていると、R氏の会話はそういう風になっていた。)
と、こんな感じの、とにかくオレのヘボ腕感が際立った会合であったw
ちなみに、「偶然の出会いを演出する」とか、知識として頭で当然分かっているような基本的な事柄も、実際には体現できていないことに気づかされた。「知っていること」と「できていること」は全く異なるということを再認識。基本を疎かにしてはいけない。感覚で覚え込むレベルまで毎回しっかり意識しながらやっていかないと。

 

居酒屋連れ出し⇒自宅で即

その後、R氏と声かけ開始。オタク系ファッションだったので、恥ずかしかったが、逆に登山帰りをネタにできたのが良かったのか、2声かけ目であっさり連れ出し。Rマジック炸裂。いつものようにトークはR氏に丸投げw
オレはコンビニお酒購入⇒直ホテルまで誘導(1回目)。ホテル前で難色を示したので、切り替えて近くのベンチで乾杯して和む。
その後、再度ホテル打診(2回目)。いけそうだったが、満室の連続もあり失敗。
駅に帰る途中で、「俺んち近いから、もうちょっと皆で盛り上がろう」で、勝手にタクシーを拾う(3回目)が、グダ。
駅前まで来たとことで、R氏はオレに女とのバンゲを促す。(たぶん、女のスト値的なこともあり、放流したかったのだろうw)
しかし、ここで放流すると、また連れ出しからやらねばならない。R氏から「今日は即るまでやる」約束をさせられていたから、「オールしたくないー泣」「早く帰って寝たいー泣」という一心で、最後のアタック。
「何度もしつこくて申し訳ないが、もう一回だけ言わせて。このまま解散して家に帰っても寂しいでしょ。今日は俺んちで泊まってもいいから、もうちょっとだけ話そう」で、なんとかOK。
4度目の正直。度重なる打診の合間に、R氏が雰囲気壊さないようにトークで盛り上げてくれていたことが勝因だった(オレの打診はがっつきすぎで、余裕が無いからなあー泣)。とにかくほっとしたw。

自宅に着いてからは、前回の反省を活かせて、速攻シャワールーティーン。
「お腹すいて眠れそうにないから飯ちょっと食ってくる」でいったんオレは外に出て、まずR氏が即。
その後、R氏が外出して、オレも即。
3人でピロートークして盛り上がり、4時頃仲良く就寝。
2人とも優しそうだったからついてきた、で、約1年ぶりのHは気持ちよかった、とのことだったw

 

翌朝

朝方、R氏帰った後で、ちゃっかりおかわり。
その後、長時間ピロートーク。
まずは本日の答え合わせ。家に行くのは集団レイプの可能性も頭をよぎり、怖く感じたとのこと。
ホテルの方がまだ安心らしい。
その後、いまさらながら過去の経験談(仕事・恋愛)を聞き出す。
しかし、ここで和み過ぎて、下手に食いつきを上げてしまう。
遠回しのデート連れて行ってほしい系プットも出てきて、ヤバイと思い、食いつき下げトークもしてから解散。
性格はとても良い子で話していても楽しいのだけど、外見がネックとなり、どうしてもキープしようと思えなかった。
自分も外見スト低なので痛感する、悲しい現実。。。。

今回は、3回目のR氏との3Pだった。今回もコバンザメ戦法に頼ってしまったなあw

R氏によるフィードバック

「女の子がワンナイトの思い出を語った際に、あまりいい顔をしていなかった。
それに対して、クリ氏が「どう思った?」と深堀しようとしていたのは不味かった。
これからワンナイトしようという時に、その時の後悔とか嫌な気持ちを思い出させるようなことになりかねないから。
いい思い出はイメージさせるべきだが、ネガティブなイメージをさせるような発言は慎まなければならない。」
⇒自分はつい興味本位で聞いてしまうので、自分の発言が相手に与える影響について考えないといけないと気づかされた。

 

後日談

2か月後、自宅アポにて再会。
2人で出前のピザを食べた後、R氏とフィーロ君がやってきて4人でトーク。
そして、支店長ゲーム(いわゆる王様ゲーム、露骨すぎるから名称変更w)することに。
トランプを持ち方(指の数)でイカサマw
皆バカなことをして盛り上がり、ソフト⇒ハードと徐々に命令を強めていったが、
「テマソ/テコキ」等の過激な命令に女の子がガチで怖がり、お開きに。

反省点としては、
①4Pをしようとするなら、やはりお酒を入れるべきだった。(そもそもお酒を出していなかった)
そして、お酒を飲めば命令を拒否できるという、特別ルールを設ければ良かったな。
あとは、
②王様ゲームに慣れておらず、命令のバリュエーションが少なく、また、終盤過激すぎる命令があったこと。
「お酒を飲む」系や「トイレに2人きりで1分間」系もあれば良かった。(部屋を区切れるカーテンも設置しようかなw)
様々な命令を体系的に整理して(順序とか)、メンバー全員が徹底的に覚え込むと良いだろう。

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m