Rさんと毎月定例のミーティング。最近はモチベ無く、久しぶりに街へ出た。
今回も3時間みっちりトーク。
「モチベを上げるには出陣するしかない。出陣すれば自ずとモチベが上がってくるもの。
習慣化することが大事。繁華街に近いという利点を活かして、毎日仕事帰りに1時間だけと決めてストるのが良いのでは?」
とアドバイスいただく。
その後、お互いストる気はなかったが、軽く何声かけだけしますかー、となり。。。。

 

速攻自宅連れ出しもミス

数人目で、あっさり正三連れ出し成功。今回もRマジック炸裂w
ダメもとで自宅打診。これもあっさり承諾⇒タクシー搬送。

①自宅イン時、シャワールーティーンを使わず。
流れ的に、なんとなく躊躇してしまった。マインドセット弱し。

②「一人暮らしで寂しい」というプットは出てきた。恋愛遍歴ルーティーンを使うも、あまり引き出せず。

③下着を買ったとのことで、見せてもらう。
その流れで、今履いている下着を見せてもらおうとするもグダ。(直接的過ぎたか。。。苦笑)

④その後マッサージルーティーンを使うも、最後までギラつけず。
これもマインドセットの問題。

⑤その後、女に「急遽予定できたの」グダが入って(⇒明らかにウソ)、逃げられた。

完全に即の取りこぼしだった。無念!!
二人で反省トーク。

今回の失敗についてRさんによる的確な考察

・流れ的に、ダラダラとしすぎて、女の子も冷めてしまったた可能性大。
一旦エロい雰囲気を作りだしたら、その流れでエスカレートすべきだった。
エロい雰囲気と普段の雰囲気を行ったり来たりするのは良くない。
なお、エロい雰囲気(⇒目指すべき)と下品な雰囲気(⇒オレw)は違うので注意。
・ギラツク際は、一方がやるべき。二人で同時にギラつくのは女の子も怖いのでは?
いったんどちらかが消える(買い出しか、シャワー)べきであった。
・ギラつく時には、いつも以上に女の子の表情をよーく観察すること。
苦笑いの表情が見てとれたら、一旦引きの姿勢になるべき。
・タクシー降りた時に、ハンドテストをトライすべきだった。

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m