この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

以前にナンパ教材TAV(=本編)について解説したが、ここで追加情報を述べる。

岡田尚也のTAV

 

TAV本編のように「大量のコンテンツを学ぶのは面倒で嫌だ」「お手軽に要点だけ学びたい」という人は、TAVライブラリで気になる教材だけ購入すると良い。TAVライブラリとは、特別TAV(月額会員制)で配布された過去の教材を販売しているサイトのこと。その名の通り、図書館みたいに膨大な数の教材がある(300以上w)。自分が必要とするテーマの教材をいつでも手に入れることができる。

TAV-Library

どの教材がオススメかと聞かれると迷うところではあるが、ここでは5つ挙げておく。

 

「Sへのすり替え作業」解体新書

岡田尚也のマインドの主軸となる理論「Sへのすり替え作業」を解説した教材。強気なキャラになれないという人もいるかもしれないが、大なり小なり、男にはそのような要素は必要だ。モテる男は、例外なくSっ気がある。このテクニックは、職場の人間関係にも応用でき、パワハラ被害を防止することができる。

会話実例も豊富に載っているので、具体的に学べる。理論編では、

①「S へのすり替え作業」=媚びない強気のコミュニケーションを通して、相手にこちらのSキャラを植えつけていくこと。

②「Sへのフォロー」=ユーモアや、敬語、訂正などで、S の強さを和らげること。(バランスのいい S)

③「マッチポンプ式のすり替え作業」=女性を一度持ち上げておいて、S の言葉で落とす形式の、すり替え作業のこと。

について、解説音声付で詳しく解説されている。使うタイミング、指摘する部分、発言の仕方、注意点、について学ぶことができる。

なお、「Sへのすり替え作業解体新書2」という、パート2的な教材もある。こちらでは、前回の復習に加えて、

④「下からスタートする」=序盤に、相手を上キャラに設定した言い回しをすることで、敵対心を取り除くこと。(気さくさや人なつこさを植え付ける)

のテクニックが新たに追加されている。また、膨大な最新会話実例も聞くことができる。個人的には、とりあえずパート1だけ買って反復練習して、気に入ったらパート2も入手すればいいかなとは思う。

 

対峙会話矯正プログラム

対峙会話ってなんやねん?TAVには専門用語が多くて困るw。TAV用語集によれば、「プレイヤーとターゲットがマンツーマンで行う会話全般」と書いてある。要は、会話だけだったら少し寂しいから、頭に対峙を付けたという感じw。脱線したが、男女が出会って⇒仲良くなって⇒Hする、という一連の過程で経なければならない会話要素がある。具体的な要素とは、以下の通り。

①共有スペース

初対面で会話のネタがないので、身近なもの(=共有スペース)を題材に使って会話を始めていく。

②相槌

(ここで言う相槌とは、一般的な意味の相槌だけでなく、女性の反応に対する切り返し全般を指す。)感情を揺さぶり形勢逆転する切り返しをすることで、女性からの興味・関心を得る。

③質問

会話の題材を新たに作り出していく作業。詳細は、後述の「モテる男の質問集」参照。

④フック会話

女性が今現在もっとも関心があって話したがっている会話題材を引き出し、深堀りしていく。

⑤感性の一致

価値観の共通点を見つけて、相性の良さを感じさせる。後述の「女性との会話に必要な、前提知識BOOK」参照。

⑥ストーリー会話

自分話。自慢ではなく、自虐ベースで。ただ情報を伝えるのではなく、日常生活であったありふれた話を少し入れて人となりを感じさせる。それにより、最後に「この人のこと何も分からないから嫌だ」という状況を避けることができる。

⑦男女会話

恋愛会話。これから男女の仲になろうとするのだから、必ず必要となる要素。

⑧クロージング会話。

一緒に寝ることをオファーし、相手の背中を押していく作業。いきなりオファーするのではなく、匂わせる会話からスタート。最後は、これまでの会話ネタを利用してオファーする。びっくりさせたら失敗する。

これらを解説した総合的な教材である。

 

ナンパ・ネガティブキーワード・キラー

「ネガティブキーワード」=女性からの否定反応(無視や断り文句)

「キラー」=否定反応を打開する、切り返し言葉

この教材では、声掛け時、カフェ会話時、ホテル打診時、と様々なシーンで出てくる女性からの断り文句に対して、どのように切り返していくか、について解説されている。上手く切り返すことで、女性が「この男はなんか違う。面白そうだから少し相手してやるか」という気持ちにさせることができる。

前半では、あらゆるパターンの「断り文句&切り返し」のセットが並んでいる。英単語帳のように、「毎回ナンパに出る前に暗記して、路上で実践する」という風に、繰り返し使用できる。後半は、膨大な量の、会話実例集が収められている。

 

モテる男の質問集

上手に質問して相手から引き出していくことで、仲良くなることができる。この教材では、「一般的話題→恋愛会話」という一連の流れで使える質問について、網羅的に解説されている。とてもよくまとまっている教材なので、4時間近くある充実した解説音声を聞きながら、何度も反復学習すると良い。

女性と会話が続かない・・・そんな悩みが一瞬で消える質問の仕方と、会話の広げ方をまとめました

 

<初対面で仲を深める話題>

1. 年齢の聞き方
2. 仕事の聞き方
3. 彼氏ありなしの聞き方
4. 結婚しているか尋ねる場合
5. 一人暮らしか実家暮らしか尋ねる場合
6. 学生に学年を聞く場合
7.住んでいる場所の聞き方
8. 一人暮らし・実家暮らし
9. 大学生に入っているサークルを聞く場合
10. 現在進行形で好きな人がいるか聞く場合
11. お酒が飲めるかどうかの尋ね方
12. インドア派かアウトドア派かの尋ね方
13. 名前の聞き方
14. 趣味の聞き方
15. 連絡先の聞き方
16. 出身地の聞き方
17. 好きな(嫌いな)食べ物
18. 好きな(嫌いな)異性のタイプ
19. 仕事終わりの過ごし方
20. 出身大学の聞き方
21. 身長の聞き方
22. 体重の聞き方
23. 血液型の聞き方
24. 生年月日の聞き方
25. 年収の尋ね方
26. 好きな(嫌いな)季節の尋ね方
27. 得意(苦手)なことの聞き方
28. 好きな(嫌いな)テレビ番組の聞き方
29. 好きな(嫌いな)漫画の聞き方
30. 好きな(嫌いな)本の聞き方
31. 好きな(嫌いな)音楽の聞き方
32. 好きな(嫌いな)スポーツの聞き方
33. 好きな(嫌いな)動物の聞き方
34. 好きな(嫌いな)映画の聞き方
35. 家族構成の聞き方
36. 職歴の尋ね方(バイト含む)
37. 異性のフェチの聞き方
38. いつが休日か尋ねる場合
39. タバコを吸うか尋ねる場合
40. 相手の服のブランドを聞く場合
41. 交友関係
42. 学生時代の過去の話を聞く場合
43. 進路など、未来の話を聞く場合
44. 普段、友達との遊び方を聞く場合
45. 旅行好きかを尋ねる場合
46. 最近楽しかったことを聞く場合
47. 最近へこんだ事を聞く場合
48. マイブームを聞く場合
49. 育てられ方を聞く場合
50. 結婚したいかどうかを聞く場合

 

<恋愛話、フック話>

*偶数番号は、男友達への質問バージョン

1. なぜ、今の彼氏と付き合ったのか?
3. なぜ、彼氏と別れたいのか?
5. なぜ、元彼と別れたのか?
7. なぜ、今は、彼氏がいらないのか?
9. なぜ、今、彼氏が欲しいのか?
11. なぜ、今の旦那と結婚したのか?
13. なぜ、今の旦那と別れたいのか?
15. なぜ、旦那と別れたのか?
17. なぜ、会社が憂鬱なのか?
19. なぜ、上司がむかつくのか?
21. なぜ、その友達が嫌いなのか?
23. なぜ、その理想になりたいのか?
25. なぜ、その人みたいになりたいのか?
27. なぜ、その仕事に就きたいのか?
29. なぜ、今その仕事を続けているのか?
31. どういう SEX が好きか?
33. なぜ、SEX が嫌いになったのか?
35. どんな恋愛観があるか?

 

(参考)さらに、なぜか上司や取引先への質問の仕方も解説されている。仕事でも使える一石二鳥的な教材である。

1.解らない事がある場合の質問
2.提案をしたい場合の尋ね方
3.指示と違うことをしたい場合の質問の仕方
4.次の指示を聞く場合の尋ね方
5.自分の仕事の出来を聞く場合
6.自分の良いところを聞く場合
7.自分のダメなところを聞く場合
8.問題のある部下の指導方法を聞く場合
9.上司・営業先の人へ家族などプライベート情報を聞く場合
10.営業先へ納入した商品の売れ行きを尋ねて営業する場合
11.取引先のニーズを尋ねる場合

 

女性との会話に必要な、前提知識BOOK

①髪型、②ファッション、③会話について、男性が知っておくべき基礎知識について解説されている。特に、③会話部分が必見。

女々しい男、気が利かない男、優しすぎて物足りない男、面倒くさい男など「ダメな男」を題材に使った会話例について学べる。これは「悪共有」と言い、悪口によって感性の一致(=共感)を図る、定番会話テクニックのこと。

我々も、以下に挙げるような、ダメな男にならないように注意したいものである。

 

<ダメな男の具体例>

◆さんざん注文を迷い、「どっちがいいかな?」と自分では決められない

◆「おいしい?」「どう?」「楽しい?」など、何度も感想を聞きたがる

そっちのほうがおいしそう」と、人の料理をうらやましがる

◆「あっちの店ならクーポン使えたのに」と、入ったあとで文句を言う

◆料理の写真撮っちゃう

◆「この店、元カノとも来たんだよね」と、過去の恋愛トークに浸る

◆過去の武勇伝を自慢げに語っている

◆トイレから出てくるのが自分より遅い

◆室内で帽子をかぶっている

◆店員に「いつものちょうだい」と常連客っぽいところを見せつける

◆一口食べるごとに、口の周りを拭く

◆食材やお酒に関してのうんちくを語り続ける

◆目に見えない食材を、味から推理しようとする

◆「やっぱこれ頼んで正解だね。さすが俺」と、自分の注文した料理を肯定したがる

◆会員制のレストランに連れて行かれた

◆高そうなお店でメニューも見ずに注文した

◆誕生日でも何でもないのにプレゼントを買ってくれた

◆食べ方が汚い、箸の持ち方が変など、食事中のマナーが悪い

◆ガムやタバコを平気でポイ捨てする

◆遅刻しそうになっても、まったく連絡しない

◆重いモノを持っているのに、「持とうか?」と聞かない

◆女の子の親切に対して「ありがとう」が言えない

◆ヒールなど歩きにくい靴を履いているとき、歩くペースを合わせない

◆後ろを歩く人のために、ドアを開いたまま支える気がない

◆帰りたいオーラを出しているのに延々と話し続ける

◆体調が明らかに悪くてもそれに気づけない

◆どんなワガママな要求でも応えてくれる

◆ケンカのときに、まったく反論してこない

◆誰にでも優しくして、特別扱いしてくれない

◆ささいなことで、すぐに謝る

◆震度1の地震でしつこく「大丈夫?」と電話するなど、過保護

◆何回もデートを重ねているのに、距離を縮めてこない

◆女の子の行動に対していちいち「大丈夫?」「体調悪い?」などと聞く

◆平常心なのに、ちょっと黙っただけで「怒ってる?」と心配そうに尋ねる

◆「どこに行きたい?」「何を食べたい?」など女の子の意見ばかり優先する

◆本来「ありがとう」というべきところで「ごめんね」を連発する

◆電車賃など細かいところまで全て「僕が払う」といっておごろうとする

◆「〇〇だと思います」など、知り合いなのにずっと敬語で話す

◆「お先にどうぞ」とレディファーストを何ごとにも実践しようとする

◆「それ、持つよ」と、女の子の小さなカバンまで持とうとする

◆落ち込んでいる人をむやみに励ますなど、前向きすぎてデリカシーに欠ける

◆どんなに断っても諦めず、しつこくデートに誘われる

 

<ダメなLINEの具体例>

会話の終わりに絵文字やスタンプを必ず入れる

既読スルーすると催促する

ときどき写真を送ってくる

返信がものすごく早すぎてウザい

なぜか彼氏気取りの文面

 

参考

こちらのサイトも参考にして下さい。

おすすめ会話教材 TAV Library (特別TAV)

この記事が良ければツイート&ブックマークして下さい。m(__)m